綺麗な文字を作ろう
メインイメージ

パソコンと手書きでの差は

パソコンにあらかじめ入っているフォントでは、確かに誰でも綺麗な字で文章を書くことができますが、逆に言えば個人差がなく画一的な印象になってしまいます。特に毛筆の場合、手書きのものと違ってパソコンでは筆圧の違いや文字のかすれ具合など、筆ならではの味わいが全く感じられませんので、味気なく感じてしまうという人も少なくありません。ビジネスなどで毛筆書体をパソコンで頻繁に使用する人もいますし、年賀状で毛筆のフォントを使って作成するという人もいますが、普段から手書きの文字に慣れ親しんでいる年代や職業の人にとっては、わかっていてもやはり物足りなさを感じられるものです。 メリットで見ると、やはりワープロソフトなどを使って文書を打ち込み、それをそのまま印刷するだけで何通も書類が作れるというのは時間も手間も格段に減らすことができますのでおすすめです。しかし、文字を見たときに筆圧やかすれ具合などから、その人の年齢や性別、体調などに思いを馳せることはできず、よそよそしさを感じるという人は少なくありません。 かといって、一つ一つ手で書く時間や手間がないという人の場合には、毛筆の書体を自分で作って利用するというのがおすすめです。記入用紙に自分で文字を書き込んで、それをスキャニングした後でフォントに変換するというものですが、これは自分の記入した文字がそのままパソコンで使えるようになりますので、手間をかけずに個性的な文字での文書を作ることができます。プリンタで印刷したものであってもその人の文字を見ることができますので、規定のフォントで送るものよりも喜ばれることが多いです。特に普段滅多に出会ったり会話をすることのない相手に送る文書の場合には、全く何も手を加えないよりもさらに手書きで一筆添えると良いでしょう。どれほど効率的な世の中になっても、人と人とのつながりというものは手書きの文字の方がはるかに実感できるものです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) パソコンにも毛筆で字を作成 All Rights Reserved.